50117422_p0_master1200
これぞアナログとデジタルのいいとこ取り!
うんコップさんの「漫画メイキング」 は、そうウナッてしまうくらいツールの使い方を熟知している漫画の描き方講座です。

最初のラフ、ネームはアナログで、下書きをデジタルで、線画をアナログで、仕上げをデジタルで。と、何度も紙と画面を行き来していますが、それぞれ使いやすいツールを選択した結果だと思います。

確かに修正や加工しやすいのはデジタルで、直感的な殴り書きや繊細でタッチの出やすい線画はまだまだアナログのほうが向いている気がします。

下書きを印刷する際、綺麗に消せるように薄めのシアンで刷るとか、手書き文字は別枠に書いて、後で切り取って重ねあわせる(ふちどり加工がしやすいように)とか小ワザも満載です。

この手順が絶対とはいいませんが、身近な事例としてとても参考になると思います。




漫画メイキング | うんコップ [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=50117422